ターミネーターを見ています。

2011年11月25日

イチです。


最近は、毎週ターミネーターをゲオで借りてみてます。

ターミネーター4を見て、3、2、そして、ターミネーター とようやくすべて映画を見終わり・・・今はドラマ化された「ターミネーター サラコナークロニクル」を見てます。

ようやくセカンドシーズンに入ったとこです。



ここまで見ると、最後まで見ないといけない。そんな強迫観念が沸いてきます。
コレクションしたくなる、制覇したくなるってやつですよ。

「24」などのシリーズが膨大にあるものは、量が多すぎてちょっとしんどいですが、
ターミネーターくらいなら苦もなく見れそうですね。


ドラマ版は、ちょっと判断に悩むとこですが・・・・


映画のターミネーターはオモシロいですね。

初代ターミネーターの執拗で、しつこく迫りくる、任務遂行を淡々とこなそうとする、
そんなストーカーにも似た恐怖を感じます。

シュワルツネッガーが全裸で、まずは服を奪う!
そんなお約束がここから始まったわけだ。


ターミネーター2は、コンピュータ技術が目覚しく進歩したんだね〜って思わざるを得ない
T−1000の、リキッドメタルっぷり。
最初のターミネーターは、機械の姿になってからは、人形感でてましたから。
技術力の違いが一目瞭然です。


3はストーリー展開が好きですね。
スカイネットの悪知恵っぷり、どーかんがえても続編を意図してる予想を裏切る結末。


4は・・・・2、3ほどのインパクトは少ないかな。
唐突に出てくる新キャラ、マーカスの物語との関連性をよく理解できてないだけかもわかりません。

ドラマ見終わったら、もう一度、映画を見てみよう。


昔の映画もいいですね〜〜



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236881774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。